Pomme Juice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's now or never

It's now or never
「やるなら今だ」
って訳がついてたけど、それだけじゃなくて、今やらなかったら後には一生やらないって感じも出てて素敵。
ぼそっとつぶやきたい言葉(笑)

スポンサーサイト

ハムスター篠原

今日、夕御飯を作る気になれなれず、でもこれからは節約しようと決めたところだったので家の近くのサイゼリヤに行った。

初めて入った店内は思いのほか広々としていて、そしてその割には店員さんが足りていないようで、忙しく空気が動いていた。
私はヘンテコなグリーンの椅子に座って小エビと完熟トマトのリゾットを頼み、ドリンクバーのアップルティーでほっとしながら、例のごとく江國香織を読んだ。

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』

山本周五郎賞とやらを受賞したらしいのだが、私が好ましいと思う類の作品ではなかった。
直木賞受賞作の『号泣する準備はできていた』を読んだときも思ったのだけれど、専門家の考えることはわからない。
お気楽なハッピーエンドというカタチの芸術に気付かない陰気な堅物たち。

私が注文した赤いリゾットは、過剰にふりかけられたドライパセリが赤を引き立たせるというよりはどんよりとした色調を作りだしていて、ひどくあやふやな味がした。

致し方ない。
ひと息ついてデザートを頼むことにした。

ハムスターみたいな男の店員さんがやってきた。
「篠原」と書かれたネームプレートを付けていた。

私がどれにしようか少し、ほんの少しなのだけれど迷っていたら、
「ティラミスおすすめっスよ」
と教えてくれて、今までファミレスでこういう接客を受けたことがなかったから、
私はとてもびっくりしてしまった。
でもそれと同時になんだかとてもうれしくなってしまったので、
「じゃあ、ティラミスお願いします」
と頼んだ。
ホントは生チョコレートケーキとトリフアイスクリームで迷ってたんだけど、
良いお客さんぶって。

ハムスターはお皿を片付けたり、オーダーをとったり、テーブルを力強く拭いたりしていた。あまりに力強く拭くので、どこかの修行僧が雑巾がけをしてるみたいでおかしかった。

ティラミスはおいしかった。
正式にはアイスティラミスという商品名で、ビスケットの上にティラミス風のアイスクリームがのっかったケーキだ。
本当がどうかわからないけど「本場イタリアの濃厚な味わい」で。
口の中でもはっきりとこっくりとしたクリーム色なんだとわかるアイスがなめらかに溶けて。

デザート皿を下げにまたハムスターがやって来て、
「どでしたか?ウマかったですか?」
と不適切だけど彼にぴったりの敬語で聞かれたので、
「おいしかったです」
と答えたら、
ほっとしたような満足げな誇らしげな笑顔をしていた。

私はその後カモミールティーを飲みながらぼーっとしていた。
私が思うに篠原くんは高校生か、もしくは高校卒業したてのフリーターだ。
子供のお客さんと楽しそうに話して、しかもその子の頭をぽんぽんとしたのをみて、その光景があまりに可愛くて、すごくすごく幸せになってしまった。

私はそれに浸りながら、しかし冷めないうちに、と余韻に浸りながら店を出ることにした

夕方。さっきまで太陽がいたはずの方からいきなり雨雲がもくもくとやってきて鬱蒼とした空気を作りだした。
私は天気が崩れると息苦しくなる。それは低血圧なせいだと信じている。低血圧だから気圧の変化に弱いのだ。これは私の勝手な判断なのだけれど、中学のときに読んだ気象予報士が書いた本にそれを裏付けるような記述があったのできっと本当だ。
息苦しくて安全な布団にくるまって寝てしまいたいけれど、バイトがあるから意を決して家をでる。
どしゃぶりだ。
でも、なんだかそれに思い切りの良さを感じて逆に晴れ晴れとした気分になった。
傘をさす。本物の私の傘よりひとまわり大きい傘だ。本物の私の傘はこの間コンビニで誰かが間違えて連れて帰って行ってしまった。だからその代わりに私のものになったこの傘は私の傘だけれどやはり本物じゃない。つい最近まで私のものだった私の本物の傘は元気にしているだろうか?
駅に向かって歩く。普段なら人々が活発に往来しているはずの時間帯なのに、道には私ひとりだけだった。私は私がとても勇敢であるように感じた。みんな雨を恐れて外に出て来れないのだ。堂々と道の真ん中を進んでいく。
ずんずんずんずんずんずん。
いや、違う。これでは雨の中果敢にも駅を目指す私の姿を知らしめることができないではないか。
じょんじょんじょんじょんじょんじょん。
これも何か違う。
じょんじょんずんずんじょんじょんずんずん。
そういえば。
私は宮澤賢治の銀河鉄道の夜を最後まで読んだことがない。あるいは読んだが忘れてしまっているのかもしれない。とにかく私はその結末を知らないことに気付いた。
じょばんにじょばんにじょばんにじょばんにじょばんに。
駅に着くと傘を持ちあわせていなかったひとたちが足留めをくって雨宿りをしていた。私は傘という便利な道具を持っていることに誇りをもち、実につまらない優越感に浸った。
私はいじわるだ。

A piece of cake!!

A piece of cake!!
「楽勝だよ!」「そんなの朝飯前さ!」

ケーキとか入ってておいしそうで良い(笑)
a cakewalkでも同じ意味らしい。
このフレーズいっぱい使えるような人間になりたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。