Pomme Juice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬は暖かに

●七則●
「茶は服のよきように点て」
「炭は湯の沸くように置き」
「花は野にあるように」
「夏は涼しく、冬は暖かに」
「刻限は早めに」
「降らずとも傘の用意」
「相客に心せよ」


今日は先生のお宅がある千駄木に行ってきました(^∀^*)

普段は毎週月曜に学校の和室で活動してますが、先生のご好意により先生のお宅でのお稽古にも参加させていただけちゃうんです。
しかも学生特別価格1回1000円にて☆
先生はほんとーぅにすごい方なので、このお値段は本当にありえません。普通なら10000円/回くらいらすぃです。わわわわゎわゎ★★

うちは所詮、貧乏国立大学の弱小茶道部なのでなかなか道具を揃えられないのですが、先生のお宅では毎回違ったお道具が出てきて本当に楽しいのです。
そして今日も相棒(副部長)と一緒に☆☆ファーーーーーッ☆☆(゜∀゜*)となって帰ってきました。

二月は1年の中で一番寒い時期。
そんな時季にも、温かいお茶をおいしくをいただけるような工夫がいっぱいでした。
まずお茶碗が筒茶碗という口が狭くて底が深い、お茶が冷めにくい形のもの。
それから部屋が暖まるようにお釜は大きくて、その蓋も通常より大きいもの。
お点前もお茶碗をじっくり温めてから、お茶が点てられるように工夫されていたり。

茶道っていろいろ決まりごととかあって堅苦しいイメージをもたれがちなんですが、全てはお客様においしいお茶を召し上がってもらって、楽しいひと時を過ごしていただくためなんです。
もてなす側はどうしたら喜んでもらえるだろうって一生懸命考えるし、もてなされる側は今日はどんな趣向が凝らされてるんだろうっていつもワクワクなのです☆

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。