Pomme Juice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも食育ってなんなのさ

食育、食育って最近ブームですが、一体なんなのさ。
と、思いました。

そもそも「食育」という言葉が何でこんなに普及したかっていうと、それは国が推進しているものだからなのです。
国は食育の定義をどう定めているんだろうって調べていたのですが、どうやら定義は定められていないらしいのです。
だけど、平成18年度版「食育白書」に食育の意義に関する記述がありました。

「食」をめぐる現状の変化に伴う様々な問題に対処し、その解決を目指した取組が「食育」である。「食育」という考え方自体は明治時代に既に存在していたが、食育基本法は改めてその基本理念を定め、「食育」に法的根拠を付与した。

食育基本法には食育の定義規定は設けられていないが、その前文において、食育は、生きる上での基本であって、教育の三本の柱である知育、徳育、体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものとして食育の推進が求められるとされている。

そして、このようなこのような食育の推進に当たっては、健全な食生活の実践としての単なる食生活の改善にとどまらず、食に関する感謝の念と理解を深めることや、伝統のある優れた食文化の継承、地域の特性を生かした食生活に配慮すること等が求められている。



つまり、食育の意義は

・健全な食生活の実践
・食に関する感謝の念と理解を深めること
・伝統のある優れた食文化の継承
・地域の特性を生かした食生活に配慮すること



別に国が提言していることが全て正しいわけじゃないけど、
あまりに「食育」がビジネス化してしまっているのは、とても心苦しい。
食に関わることなら全て食育なのか。何のための食育なのか。
一度じっくり考えてみる必要があると思う。


【食育・食生活指針の情報センターe-shokuiku.com】
http://www.e-shokuiku.com/index.html
信頼のできる情報を発信しているいいHPだと思います。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。