Pomme Juice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEET

NEET(Not in Education, Employment or Training)
若年失業の伝統をもつ英国で使われ始めた言葉。
18歳から24歳までの「教育や就業、職業訓練のいずれも受けていない若者」を指す。

というのが定義らしい。

だったら、発展途上国における社会・経済状況の劣悪さによる
教育なんて受けられなくて、
仕事もなくて、
職業訓練なんてどこがやってくれるの?
という人たちもNEETということになるの?

そしたら、若年失業者が先進国より多い発展途上国は
NEETが多いってことになるの?

てことは、「裕福で働かなくとも食べていけるからNEETが増える」っていう意見は根本的に大間違いってことになりますねー。

なんてことを考えてみた。
屁理屈でしょうか??

ちなみに「先進国」という言葉も「発展途上国」という言葉も、めちゃくちゃ自己中心的な感じがするから嫌いです。
自分の価値観他の国に押し付けるなー。なー。なー。
だれかもっと好い言葉知ってたら教えてください☆

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

がってん!

ニートはイギリスで生まれた言葉。18~24才限定。なるほどぉ!りなちゃんにありがとうだね。勉強になりますm(__)m
じゃあ25以上はニートじゃないのか。なぜ若者限定にしたんだろうね(?_?)ふしぎ。

あびこ | URL | 2006年02月22日(Wed)01:34 [EDIT]


NEETですかぁ?ある程度成熟した裕福な国でしか適用されない言葉な気がするね。
だって、そうぢゃない国は生きる事に精一杯だから、ありえない事です。
ぜいたく病みたいなものなんでしょうか?
ちなみに先進国は、英語:Developed countryの訳語です。先進工業国、富国、中進国、高所得国などとも呼ばれることもあります。
後進国(現在では開発途上国又は発展途上国、途上国の方が一般的)と平気で呼んでた時代もありましたよ。。。小生の子どもの頃ですが(--;)

かすてぃら | URL | 2006年02月22日(Wed)01:43 [EDIT]


>あびちゃん
だねぇ。
25才で学校行ってなくて働いてなくて職業訓練受けてない人はNEETな気がするけど、NEETじゃないってことになるね。
40過ぎたおじさんだったら外れるのも分かる気がするが。
言葉が示す範囲と、その言葉を聞いてイメージする範囲のズレをすごく痛感したよ。

>かすてぃらさん
なんで後進国という言葉を廃止(?)したのに、先進国は依然として使ってるんでしょうね。どう考えても矛盾です。
高所得国はお金のみに焦点をおいている点が問題ありですが、現実を指し示すいい言葉だとおもいます。ありがとうございました。

rina | URL | 2006年02月22日(Wed)14:18 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。