Pomme Juice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも食育ってなんなのさ

食育、食育って最近ブームですが、一体なんなのさ。
と、思いました。

そもそも「食育」という言葉が何でこんなに普及したかっていうと、それは国が推進しているものだからなのです。
国は食育の定義をどう定めているんだろうって調べていたのですが、どうやら定義は定められていないらしいのです。
だけど、平成18年度版「食育白書」に食育の意義に関する記述がありました。

「食」をめぐる現状の変化に伴う様々な問題に対処し、その解決を目指した取組が「食育」である。「食育」という考え方自体は明治時代に既に存在していたが、食育基本法は改めてその基本理念を定め、「食育」に法的根拠を付与した。

食育基本法には食育の定義規定は設けられていないが、その前文において、食育は、生きる上での基本であって、教育の三本の柱である知育、徳育、体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものとして食育の推進が求められるとされている。

そして、このようなこのような食育の推進に当たっては、健全な食生活の実践としての単なる食生活の改善にとどまらず、食に関する感謝の念と理解を深めることや、伝統のある優れた食文化の継承、地域の特性を生かした食生活に配慮すること等が求められている。



つまり、食育の意義は

・健全な食生活の実践
・食に関する感謝の念と理解を深めること
・伝統のある優れた食文化の継承
・地域の特性を生かした食生活に配慮すること



別に国が提言していることが全て正しいわけじゃないけど、
あまりに「食育」がビジネス化してしまっているのは、とても心苦しい。
食に関わることなら全て食育なのか。何のための食育なのか。
一度じっくり考えてみる必要があると思う。


【食育・食生活指針の情報センターe-shokuiku.com】
http://www.e-shokuiku.com/index.html
信頼のできる情報を発信しているいいHPだと思います。

一周忌?

入学当初入ってたサークル辞めてから1年経ちました。
バスケとバレーをやる愉快で楽しいサークルでした。
辞めるか辞めないかは、死ぬほど悩みました。
結局昨年の今日に、元幹事長さんと同期のみんなに辞めることにしたってメールしたんだけど、ほんとにあの時辞めてよかったと思う。
今はサークルに費やしていた時間とお金を他のことにまわして、いろんなことにチャレンジしております。
茶道部の部長としても頑張っているよ。
そしてそれと同時に、あのサークルに入ってほんとによかったとも思う。
辞めてから会わなくなってしまったひともいるけど、みんなのことは今でも1年前と同じように大好き。
辞めてからも気兼ねなく遊べたり、マイミクにも結構いるのが嬉しい(^-^*)
最近あんまり遊んでいませんが、また遊びませぅ。
って自分から声かけなきゃだめだぁね。

ほわほわほわん

今週は毎日、日独協会というところの春期講習会に行っていました。

講師は武蔵大学の先生で、内容は文法の復習でした。
形容詞の語尾変化とか、完了形とか、受動態とか、接続法とか、わたしが???な部分ばかりでした。
最初は不安だったけど、なんだか予備校の授業みたいで面白かった☆
先生は体型と髭が代ゼミの今井先生と同じでした。
受講者は奥様が多かったです。
みなさん、凛とした雰囲気をもった素敵なご婦人でした。
特に、きれいな白髪のおばあさまが素敵だったと思います。
もちろん学生らしきひともいたし、おじいちゃんもおにいさんもいました。

今日は講習最終日だったので、授業の後にちょっとした懇親会が開かれました。
そのとき隣に座っていたおねえさんがねぇ、ほんとにほんとにすごーくかわいらしかった(><*)
私の話を真剣に聞いてくれて、そんでもってほわほわほわんってわらってくれるの!!
服装もまたほわほわほわんって感じで(別に軽い素材というわけじゃない)、マニキュアが凝ってるのにやりすぎてない感じで、これなら是非マネしたい!と思った。
ケルンに行ったことがあるというので、大聖堂はどうだったか訪ねてみたら、すごくよかったから絶対行って!!とのこと。
絶対行きます♪♪

名前すら聞かずにわかれてきてしまったけれど、なんだかとても好い出会いをしたなと思った。
またどこかで会えるといいな。



寒いから!!(‐□‐;)

フィリピンから帰ってきて、早くも2週間以上経っちゃったんだね。
タラガ?タラガ?








おにん

20060402211530
実家で飼っているにゃんこ♂です。
名前は日向(ひなた)です。
みるみるうちに大きくなって、現在は4㎏以上あるそうです。
立派!!
実家に帰ったとき1日中ひなちゃんと遊んでたりします。
すごく可愛いです。

将来は犬を飼うのが夢です。

陶芸体験@笠間

今日は茶道部のみんなと、茨城県の笠間に陶芸体験に行ってきました。
目標はもちろん抹茶茶碗を作ること!!
ですが、
私は遺憾なく不器用さを発揮し、何故かサラダボウルとか湯飲み茶碗のようなものを沢山作りました。
失敗作は山積み状態(笑)
でも楽しかったぁぁ!!!!(゜∀゜*)
出来上がりは約2ヵ月後☆
作品が届くのが本当に待ち遠しいです♪♪


●追記●
ぎゃあぎゃあフィリピン話をしていたら
陶芸を教えてくれた先生が、ピナトゥボ山が噴火したときにボランティアをしたということが判明!!
避難生活時にCRを作ったそうです。
世の中って狭いですねぇ。

これから

今回はBaliwet(私たちが滞在していた集落)のみなさまに存分にもてなしていただき、すっごくすっごく楽しませていただきました。
きっとみんなも楽しんでくれたと思う。お互い良い刺激になったと思う。
けど、彼らの生活の質を根本的に向上させることにはつながらない。幾度か垣間見ることは出来たけど、私は彼らの抱える問題を全然理解してない、痛感してない。

Mayaの優しさに心を揺り動かされて、泣き崩れたあの日の気持ちは決して忘れたくない。
私に出来ることってなんだろう。

難しい問題。
だけど、「難しい」って言葉で片付けたくない。放棄したくない。目を逸らしたくない。逃げたくない。

焦らず、出来ることから。


茶杓作り体験

茶道部のみんなと葛飾区伝統産業館というところに、茶杓作り体験に行ってまいりました☆
茶杓とは抹茶をすくう竹で出来たスプーンみたいなものですよ。

彫刻苦手な私はどんな不思議茶杓を作るのだろうと思ってたら、半分以上出来上がったものをちょっと細工する感じだったので、それなりにきれいなmy茶杓ができました。
2000円で白竹2本と煤竹2本お持ち帰り!!お得!!!!20060331020908


教えてくれた職人おじいちゃんも全然堅物な感じじゃなく、すごくほんわか可愛らしい江戸っ子じいちゃんって感じでした(^∀^)好きだ~!!!!
自作茶杓だけでは飽き足らず、職人おじいちゃん作の茶杓&竹筒も購入しちゃいました。
象牙があしらわれてて素敵ですよ。もったいなくて使えそうにありませんよ。でもお茶会で使えるほど良い物でもないですよ。さぁやん。

来年も同じ時期に同じ内容で行われるらしいので、是非後輩たちに勧めようと思います☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。